歯を白くする方法.com TOP → 歯、歯磨きの諸説 歯の白さは相対的

歯の白さは相対的

歯がどんなに白い人でも、例えば真っ白のシェービングクリームをつけた状態で口を開けてみると、歯は黄色く見えます。日焼けで真っ黒な人は歯が白く見えますし、逆に色白の人はそれほど白くは見えません。あまり白く白く、と考えていても、見た目とのバランスが大切なのです。

日本人は人種的な傾向として、欧米人よりもエナメル質が薄く形成されています。そのためもとからの歯がやや黄色味がかって見えてしまいます。また加齢とともにエナメル質が擦り減っていくので、年をとるとさらに強く黄色味が反映されてしまうのが一般的です。

見た目から黒人の歯は真っ白だと感じるかもしれません。しかし実のところは歯の色自体にあまり違いはありません。肌の色と相対的に見えるので、白さが目立つだけなのです。 ひとそれぞれ肌や髪の毛の色が違うように、歯の色にも個人差があるものですが、日本人の肌の色とマッチする自然な歯の色とは、欧米人に比べてやや明度と彩度が低いものであると言えます。そのためホワイトニングを行う際にキレイに見える色は真っ白ではないのです。

同じ日本人でも日焼けして肌が小麦色の人の歯では、余計に白く見えてしまいます。この相対的な色の理論を応用してみると、歯を白く見せるコツがつかめるでしょう。最近の美容では美白ブームと騒がれていますが、歯の色とのバランスを考えると白いファンデーションを使用するのはあまりおすすめできません。また口紅も濃くて暗めの色を使用するほうが、相対的に歯が白く見えます。メイクのテクニック次第で、歯を白く見せることが可能です。

歯、歯磨きの諸説


マイスリー 副作用
マイスリーの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!