歯を白くする方法.com TOP → 歯を白くする方法 ジャケットクラウン

ジャケットクラウン

ジャケットクラウンは、虫歯などで歯を削った後の歯にセラミックの冠をかぶせる方法です。冠のことをクラウンということからこのような名前がつきました。ジャケットクラウンはラミネートベニアを貼ることができない歯や、虫歯が広範囲に及んでいる部分などに適しています。

ジャケットクラウンのメリットは、ラミネートベニアに比べて歯の形や大きさを自由に調整することができるので、歯根部分しか残っていないような歯にも使用することができ、歯を再生させることが可能な点です。それに対してデメリットは歯をたくさん削る必要があることや衝撃に対して弱いこと、歯一本に対して10万〜15万と高額な料金がかかる点などです。

歯にかぶせる素材には金属を使用しないオールセラミッククラウンと金属で補強するメタルボンドがあります。オールセラミッククラウンはより自然な透明感を再現することができるので現在注目されています。

オールセラミッククラウンは金属を使わないので金属アレルギーを心配する必要がなく、歯茎が変色するようなこともありません。最大のメリットはホワイトニングした歯のような白さに合わせることができる点です。オールセラミッククラウンの使用によって、差し歯や人工歯などをホワイトニングした歯と同様に自然で透明感のある白さにすることができるようになりました。

メタルボンドは、かみ合わせがきつくて壊れそうな場合や、十分にスペースがとれないような場合に適しています。またメタルボンドは歯根がない歯にも治療を施すことが可能です。