歯を白くする方法.com TOP → 歯を白くする方法 ラミネートベニア

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯を薄く削った後に薄いセラミックのシートを貼りつけて、歯を白く見せる方法のことをいいます。生まれつき歯の色が黄色い場合やホワイトニングを行っても白くならなかったという場合などにおすすめの治療法です。

ラミネートベニアは使用する材質がセラミックなので、変色や磨り減る心配がありません。セラミッククラウンなどの差し歯やかぶせ歯に比べて、歯を必要以上に削らずに済むため、歯茎を傷めることなく、また歯の色も調節しやすいというメリットがあります。しかし、ラミネートベニアはひどい虫歯などで歯を大きく削って補修する必要がある場合は使用することができません。

ラミネートベニアはセラミックの大きさと形を調整することができるので、ちょっとした歯並びの矯正や、すきっ歯を埋めることが可能です。虫歯や磨耗によって変形してしまった歯を補修する場合などにも用いられています。ラミネートベニアは従来の矯正やホワイトニングに比べて短期間で美しい歯並びと白い歯を手に入れることができ、痛みもないため身体に負担がかかりません。ちょっとした歯並びの矯正や変形を治したい方におすすめの治療法です。

ラミネートベニアは保険が適用されないので、すべて自費で治療しなければいけません。費用は歯科医院によって違いますが、1本で5万円〜15万円と高額です。またラミネートベニアは高度な技術が必要なため、医師選びを間違えると剥げやすかったり、必要以上に歯が大きくなってしまうなどトラブルが発生しやすいため、歯科医選びを慎重に行うようにしましょう。

歯を白くする方法


プラビックス 添付文書
プラビックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!