歯を白くする方法.com TOP → 歯を白くする方法 ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングには歯科医院内で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」、その中間の「アシステッドホワイトニング」、神経のない歯に対して行う「ウォーキングブリーチ」などがあります。いわゆるブリーチングのことです。

・オフィスホワイトニング
過酸化水素の濃度が高いホワイトニング剤を使用して、短時間で効果が期待できます。しかし歯の奥まで白くすることは難いようです。治療方法や個人差によって効果に違いがあります。早急に歯を白くしたい方や忙しくて時間がとれない方におすすめです。

・ホームホワイトニング
自分の歯に合わせて歯科医院で作ってもらったトレーにホワイトニング剤を入れて、自宅にてそれを歯にはめて行うものです。過酸化水素濃度は10%程度と低いホウイトニング剤使用して、じっくりと時間をかけて漂白するものです。漂白効果が表れるのに時間がかかるため根気よく続けることが大切です。続けることで歯の奥まで漂白されて高い効果が期待できます。

ホワイトニングで漂白剤として使用する過酸化水素や過酸化尿素は、歯に塗られてある一定の温度に達すると酸化作用によって活性酸素に分解されます。酸化して活性化した酸素はエナメル質に染み込んで変色の原因となっている色素と結びついて、着色物を分解して、その色素を脱色していきます。ホワイトニング剤を活性化するためにレーザーやハロゲンライトやプラズマライトを使用します。

このように過酸化水素の酸化作用によって歯を漂白して白くする方法がホワイトニングです。