歯を白くする方法.com TOP → 歯を白くする方法 歯の色

歯の色

歯は本来真っ白なものではなく、本来の色は多少黄色がかっているものです。しかし人間は歯の白さに憧れてしまいます。ミスユニバースのコンテストを見てわかるように、あれはまるで白い歯の品評会のようですね。白い歯はやはり魅力的にうつります。

歯の構造は、目に見える外側部分のエナメル質、歯の本体となる内側の象牙質、その中の神経や血管が集中する歯髄という3重構造となっています。エナメル質は乳白色で半透明、象牙質は薄い黄褐色、歯髄は血管の赤色をしています。歯の色は、何らかの着色がなければ上記の3構造が混ざり合った色をしているのです。

歯の中でも場所によって色は若干異なります。前歯の先端部分は、象牙質と歯髄がないので他の部分よりも透明感があって、歯茎に近くなるとエナメル質が薄く黄色がかってみえます。このようなことから分かるように歯の色は白いわけではなく、実際にはやや黄色がかった色をしているのです。

日本人は欧米人よりもエナメル質が薄いため象牙質の色がより反映されてしまい、歯の色がより黄色く見えてしまいます。また、肌の色や唇の色などが歯の色の見え方を大きく左右しています。黒人は歯がより白く見え、色白の肌では歯がより黄色く見えてしまうなど、肌の色が濃いと歯が相対的に白く見えるようになります。同じ日本人でも人それぞれ皮膚や髪の色が違うように、エナメル質の厚さや象牙質の色の濃さにも個人差があるので歯の色が異なるのです。

歯を白くする方法


アンカロン 副作用
アンカロンの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

酒田市 不動産
http://www.yamaichi4320.com/