歯を白くする方法.com TOP → 歯磨きについて バス法

バス法

バス法とは、この磨き方を提唱している先生の名前であるDrバスから名前がつけられたもので、歯と歯ぐきの隙間に歯ブラシをあてて振動させるブラッシング方法です。

バス法は歯茎の境界部分に斜め45度の角度で歯ブラシを当てて、左右に振動させる磨き方のことをいいます。歯茎のマッサージ効果が高い磨き方です。指3本で歯ブラシを持って、軽い力で小刻みに左右させるとのが理想的です。歯ブラシを握り締めて強い力で左右させると逆に歯肉を削ってしまうのです。

バス法のポイントは今朝気を斜め45度で歯と歯肉の間にあてて、軽い力で小刻みに動かすこと。強い力で動かすと歯肉が傷ついてしまったり、強い力で研磨剤が含まれる歯磨剤を長年使用することで歯が削れてしまうことがあります。歯磨剤を使わないままブラッシングして、仕上げようにフッ素入りの歯磨剤を使うことをおすすめします。

バス法は、歯ぐきの病気や歯槽膿漏の場合に適している磨き方で、柔らかめの歯ブラシを使用して歯の隙間や歯と歯くぎの間の汚れを落すやり方です。バス法では、歯と歯ぐきの間に毛先を人れなければいけないので、歯茎に突き刺す感覚で45度くらいの角度で歯に当てて振動させる必要があるのです。

バス法は、歯周病にかかりやすい部分の歯と歯ぐきの境目にある歯垢を除去するのには効果的ですが、歯と歯の間のブラッシングはうまくできないため、他のブラッシング方法や歯間ブラシを使用するとよいでしょう。