歯を白くする方法.com TOP → 歯磨きについて 歯磨きとはなに

歯磨きとはなに

歯磨きとは、歯や歯茎に対してブラッシングを行って歯垢などの汚れを取り除く作業のことをいいます。歯磨きとは言っても実際の目的は歯を磨くことだけではないので、歯科ではブラッシングと呼ばれています。

日本人の98%が毎日歯をみがいているといわれています。しかしどんなに磨いても歯は虫歯や様々な病気になってしまいます。このことから実際に正しく歯磨きを行っている方は、少ないのではないでしょうか。もともと人間の歯は一人一人違っているので、最良の歯磨き方法も人によって異なるはずです。歯磨きを効率よく行っていつまでも歯の健康を保つためには以下のようなポイントおさえて歯磨きするとよいでしょう。

・鏡を見ながらみがく
鏡を見ながら大きな口を開けて、歯の状態を見ながら磨くと、歯ブラシがあたりにくい場所や届かない場所が発見でます。

・みがきにくい部分からみがく
無意識に歯磨きすると、どうしても磨きやすい場所からはじめて、磨きにくい場所はあとまわしにされがちです。そうすると結局手ををつけないで終わってしまうこともあります。

・毛先をしっかりあてる
歯ブラシの角度やあて方を調整して、毛先を磨きにくい部分に上手にあてて、歯垢をかきだすように磨きましょう。

・軽い力でみがく
強い力を加えて毛先を倒しては歯垢がとれません。また強い力で歯ぐきや歯根を傷つけてしまうと、歯周病になってしまう恐れもあります。軽くあてる程度が良いのです。

・小刻みにみがく
ブラシを動かす距離は5mm程度で、小刻みに往復運動を行うことで歯垢がとれやすくなります。1本1本みがくイメージで、歯1本で10回動かすと効果的です。