歯を白くする方法.com TOP → 歯の病気 知覚過敏

知覚過敏

虫歯もないのに歯と歯茎の境目を中心に、冷たい水などがしみる状態です。歯の根元付近は、内部の象牙質が露出しやすく、歯の神経が敏感に反応しやすいポイントです。知覚過敏の症状が現れたときは、一度病院で虫歯や歯周病がないかを確認することをオススメします。

知覚過敏とは正式名称を象牙質知覚過敏といい、主に冷たい飲み物がしみる症状のことをいいます。ほかにも歯磨きする時の一時的な歯の痛みや、熱い飲み物がしみるなども知覚過敏の症状として考えられるものです。

歯の表面が削れてしまったり、歯根が露出してしまうことでしみやすい状態になります。しかし上記の状態で知覚過敏の症状が必ず現れるわけではなく、唾液中のカルシウムや歯髄の働きで痛みを感じない場合や、痛みが軽減される場合があります。知覚過敏を放っておくとさらに症状が悪化して常に痛むようになり、歯髄炎に発展することがあります。

歯の表面が削れたり歯根が露出してしまう原因は、強い力で歯磨きしたり、研磨剤入りの歯磨き粉の頻繁使用、虫歯や歯周病など様々なものが考えられます。歯磨き粉に含まれている研磨剤は強い力で歯磨きをすると、歯のエナメル質を削ってしまうことがあり危険です。

知覚過敏の予防には、歯肉を傷めない生活をすることが一番です。あまり力を入れすぎず、少なめの歯磨き粉で正しいブラッシングを行うと知覚過敏の予防になります。知覚過敏用の歯磨き粉を使うのも良いでしょう。また歯が溶けやすい酸味のある食べ物を摂らないように注意しましょう。知覚過敏は予防することで改善されていきます。

歯の病気


タキソテール 添付文書
タキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!