歯を白くする方法.com TOP → 歯の病気 智歯周囲炎

智歯周囲炎

いわゆる「親知らず」の腫れた状態のことです。歯並びの最も奥の部分が、違和感とともに腫れ、出血や膿が出ることもあります。20代から始まり歯のある限り繰り返されるケースでは、抜歯が必要となり、一度抜いてしまえば、その後の再発はありません。

最近の日本人の傾向として、あごが小さいことが挙げられ、そのため下あごの奥に「親知らず」が生える場所がなく正しい位置に生えないことが多いようです。こうして正常に生えなかった「親知らず」は前方に傾いたり、横向きに生えたり、一部しか顔を出さないような場合もあります。また、歯があごの骨の中に潜った状態で口の中に生えてこないこともあります。

このようにして正常に生えてこなかった親知らずは、歯と歯肉の間に隙間をつくってしまい、そこに細菌や食べカスが入ってしまうことで細菌が繁殖して炎症が起きてしまうのです。これが親知らずの痛みの原因となる智歯周囲炎です。

智歯周囲炎の症状は、親知らず周辺が腫れることによって食事の時に痛むことから始まり、炎症が広がっていくと口が開きにくくなり、耳周辺まで痛みが広がって38〜40度の高熱が出ることもあります。もっと炎症がひどくなると、あご下にあるリンパ腺や扁桃腺、さらに顔まで腫れてくるようになります。

智歯周囲炎は、高校生や大学生の年代に多くみられるもので、治療には炎症を起こす原因となっている部分を消毒してきれいにし、細菌を殺すための抗生物質や炎症を抑えるための消炎剤や痛みを沈める鎮痛剤を使います。

歯の病気


事務服 ジャケット
事務服のジャケットなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

タキソテール 副作用
タキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!