歯を白くする方法.com TOP → 歯の病気 歯髄炎

歯髄炎

虫歯や歯周病が原因で、歯の内部にある「歯髄」と呼ばれる神経を含む組織が細菌感染し、炎症を起こすため歯が痛くなる状態です。感染を起こした歯髄は、痛みを止めるために、神経を抜く治療を行うのが一般的です。

歯髄とは歯髄神経と血管が通っている部分で、何らかの原因で炎症を起こしてしまうと、激しい痛みを伴う部分です。歯髄炎の症状は歯がしみるなど、知覚過敏とよく似ているので間違われやすい病気です。

歯髄炎では症状が慢性的であるか、一時的であるかによって治療法が異なってくる場合があります。歯がしみるとか痛む症状がある場合は、早めに歯科医で診察してもらいましょう。

歯髄炎の原因は、虫歯による細菌感染によるもの、歯の打撲、損傷といった外傷によるもの、虫歯を治療する際の刺激によるものなどがあります。しかし歯髄炎の原因の大部分は虫歯を放置したことよる細菌感染であるといわれているので、虫歯がある場合には放っておくと歯髄炎になる可能性が高くなってしまうので注意が必要です。

また近年の研究では、歯髄まで伝わった何らかの刺激が原因となって発生してしまう神経ペプチドと呼ばれる物質が歯髄炎の発症に大きく影響しているのではないかといわれています。

歯髄炎は、症状が比較的軽い場合は治療で完治する事が期待できますが、症状が進行してしまっている場合では残念ながら神経を抜いたり、抜歯する方法しかありません。虫歯や気になる症状があればなるべく早く歯科医院を受診しましょう。

歯の病気


イモバックス 副作用
イモバックスの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

アミティーザ
アミティーザなら医療関係者向け情報サイトで