歯を白くする方法.com TOP → 歯の病気 歯周病

歯周病

歯肉炎や歯周炎といった歯周組織に起こる病気を総称して歯周病または歯周疾患といいます。歯肉炎とは歯肉に炎症が起こる状態のことで、歯周炎は炎症が歯周組織にまで及んだ状態のことをいいます。歯周病になると、歯槽骨と呼ばれる顎の骨が溶けていって最終的には歯が抜けてしまいます。

人間の約80%が歯周病におかされているというデータがあります。歯磨きは歯周病予防には最も効果的ですが、それだけでは歯周病を予防することは難しいものです。歯磨き以外のリスクや治療法などを理解すると、それだけ歯周病の知識が高まり、予防にも役立つようになります

歯周病になってしまう原因として最も多いものに歯垢(プラーク)と喫煙があります。歯にかかる圧力なども関係しています。ストレスをため込む人や喫煙習慣のある人、糖尿病を患っている人、骨粗しょう症の人などは歯周病にかかりやすいと言われています。歯周病になると骨粗しょう症の症状を悪化させたり、歯周病の菌が体の中に入り込んでしまうと虚血性心疾患を引き起こしたり早産になる可能性もあり危険です。抵抗力が落ちていたり、歯周病になりやすい環境にいる方は特に気をつける必要があります。

歯周病にの原因に歯垢(プラーク)と喫煙があげられますが、その他にも遺伝的な原因が考えられています。親の生活習慣から作られた免疫機能は子供へと遺伝してしまいます。喫煙している人は喫煙しない人よりも歯周病になる確率が高くなり、進行も早いそうです。また喫煙者が歯槽膿漏や歯肉炎の治療を行う場合は治りにくいとされているので、プラークコントロール以外にも喫煙量を減らす必要があります。