歯を白くする方法.com TOP → 歯の病気 虫歯

虫歯

多くの人が、一度ぐらいは経験があるのが虫歯です。しかし虫歯になる、ならないは、運で決まる訳ではありません。どちらかというと理論的ケースが多いため、知識があれば予防に有利に働きます

世の中には虫歯の原因となる菌があります。虫歯菌の種類にはいくつかありますが、代表的なものにミュータンス菌というものがあります。生まれてすぐの赤ちゃんには、この虫歯菌が口内に存在せず、何らかの原因で口の中に移ってしまうことから将来的に虫歯になってしまうのです。

そのため赤ちゃんに虫歯菌を移さないことが最適な虫歯予防法になります。しかし、日常生活の中で完全に虫歯菌を遮断することはとても難しいのです。そのためできることをしっかり徹底して行うことで虫歯を予防していきましょう。

赤ちゃんの虫歯を予防するためには、まずは哺乳瓶の口に自分の口をつけないこと、自分の口で噛み砕いたものを食事として与えないこと、はしやスプーンは家族が使っているものを使わせないことが重要です。3歳頃まで虫歯菌が移らないようであれば、永久歯が虫歯になる可能性もぐんと低くなるそうです。3歳まで完全な対策をとることができれば虫歯のリスクを回避できます。

虫歯菌は、糖分を栄養として活動し、活動する際に歯を溶かすもとになる酸を発生します。通常、虫歯菌が活動を停止すると、口の中の再石灰化作用で歯は元の状態に戻りますが、虫歯菌が歯を溶かすスピードに、歯の再石灰化スピードが追いつかなくなると、歯はどんどん溶かされていって虫歯になってしまいます。

歯の病気


コンプラビン 添付文書
コンプラビンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!